島根県の温泉

2010年9月26日 (日)

オール5の温泉津温泉

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

島根県大田市温泉津町。

温泉津温泉は、島根県の中央部の海岸沿いにあるこじんまりした温泉街です。

日本海に面した細い道の両側にレトロな旅館が立ち並び、まるで映画のセットにいるようです。

旅館街は道が狭いので、車を乗り入れると、すれ違うのがたいへんです。

源泉の共同浴場が2つあります。「元湯泉薬湯」と「薬師湯」です。

私がすれ違いで待っていると、おばちゃんが手招きします。

やっとのことで、薬師湯のまん前に駐車しました。

薬師湯はレトロな建物ですが、外観、内装とも最近手を入れたようできれいです。

手招きしたおばちゃんが番台に座っています(笑)

浴室はあまり広くなくて、小判型の湯船も3畳ほどでしょうか。

やや白濁りの塩湯で、熱めの湯です。

床が茶色に変色、堆積物もあり、かなり濃い成分のようです。

日本温泉協会から「オール5」を貰ったとの看板がありました。

建物や泉質など全体的に好感が持てます。気に入りました。

入湯料300円。

お気に入り度:5点満点で4点。

Imgp4812

Imgp4811

すぐ近くにある「元湯泉薬湯」はやや古びた印象の共同浴場です。

内部もやや雑然とした感じです。

湯船は小さく3つに分かれていて、一番奥が激熱、真ん中もかなり熱めです。手前は浅い寝湯。

激熱は手だけ浸けて退散。

真ん中も熱かったので、長湯はできませんでした。

入湯料300円。

お気に入り度:5点満点で3点。

2010年9月19日入湯。

Imgp4813

温泉津温泉自体が、かなりへんぴな場所(失礼!)ですが、お客さんが多くてびっくりしました。

温泉津温泉はもうひとつの顔を持っています。

世界遺産「石見銀山」の銀の積出港だったといいます。

すぐ近くに積出港であった「沖泊」があります。

日本海の色がきれいでした。

Imgp4821

Imgp4816

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月 8日 (日)

柿木温泉は、ただ単にすばらしい

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

島根県吉賀町柿木村。

せっかく遠くまで来たので、木部谷温泉と同じ柿木村にある「柿木温泉はとの湯荘」を訪ねました。

これが、思わぬヒットでした

柿木村にある温泉旅館老人福祉施設です。

2_2

浴室に入ってびっくり。

温泉成分が茶褐色のうろこ状になっています

長湯ほどゴツゴツとしたものではなく、なんとなくすべすべした結晶です。成分の濃さがわかります。入浴客が4,5人いたので、写真はありません。

それに、温度管理も私好みのやや温くて、ばっちり。

同じような炭酸泉ですが、お湯は、「松乃湯」よりこちらのほうが好みです。

とても気に入りました。

ただ、こういうところはあまり宣伝したくないのですが・・・・・。

吉賀町HP http://www.town.yoshika.lg.jp/kankou/onsen/hatonoyu.html

1_2

入湯料500円。

お気に入り度:5点満点で4点。

2010年7月19日入湯。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

炭酸泉が噴き出る「木部谷温泉」、行ってきましたよ

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

島根県吉賀町柿木村。

住所の字ヅラをみただけで、山深い村を想像されるかもしれませんね。

・・・まったくそのとおりです(笑)

中国自動車道六日市インターから20分。中国山地のど真ん中です。

途中、ものすごく綺麗な川と並行してドライブします。清流って言葉がぴったりです。

吉賀町のHP http://www.town.yoshika.lg.jp/index.html

ここに、ずいぶん前から行きたかった温泉がありました。

「木部谷温泉」です。「松乃湯」という小さな温泉旅館があります。

Imgp4591

Imgp4590

温泉は、とても人気があるようで、人が一杯でした。よって、浴場写真はなし。

湯船は5人も入ればイッパイになるような大きさ。

浴場の床は鉄分などの温泉成分で茶褐色。

床や壁に緑色のカビが生えるのだそうです。

炭酸泉で、茶褐色、透明度5センチくらい。大分の長湯温泉に似て、とてもいい温泉でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木部谷温泉に行きたかったワケは、もうひとつあって、この松乃湯のすぐ近くに、とても珍しい、炭酸ガスの圧力で噴き出る間欠泉があるのだそうです。

間欠泉は、松の湯の横の坂道を100メートルくらい登ったところにありました。

↓ここが湯畑?です。

噴き出る温泉に鉄分が多いため、周りは茶褐色になってします。

あたりは静かで、だれもいません。

Photo_2

切り株に腰掛けて、青空に飛ぶトンボを見ながら待っていると、ザーっという音が聞こえてきました。

おお! 噴き上がっています。

高さは1m50cmくらいでしょうか。透明な水がしぶきを上げています。

不思議な光景です。いままでなにもないところから、噴出するのですから。

水温は20度だそうで、ふつうの水の温度です。

Photo_3

5分ほどでだんだんと萎んで、最後はボコボコっといって、おしまいです。

25分間隔で噴出するのだそうです。

何回も見るほどではないですが、けっこう楽しい光景ですよ。

Photo_4

「松乃湯」はこの間欠泉を使っています。(沸かしですが、掛け流しです)

入湯料400円。

お気に入り度:5点満点で4点。

2010年7月19日入湯。

間欠泉が動画で見られます→ http://www.town.yoshika.lg.jp/kankou/onsen/matsunoyu.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

中国山地にお湯が湧く むいかいち温泉ゆ・ら・ら

アップしていなかった温泉を思い出して・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

島根県吉賀町。

中国自動車道の六日市インターを降りてすぐに「むいかいち温泉ゆ・ら・ら」があります。

とても立派な施設で、お客さんもわんさかです。

中国山地の山間で、ほかに遊びにいくところもなく(失礼!)子どもからお年寄りまでたくさんの人で賑わっています。

宿泊施設、レストランにプールも併設されていて、一日中時間が過ごせます。

こんな施設があるのはほんとにうらやましいですね。やっぱりお湯の力です。

温泉は、源泉をつかった真っ当な温泉で、やや濁り湯です。

大浴場、源泉風呂、露天風呂、ミストサウナもあります。

Imgp3313

入湯料600円。

お気に入り度:5点満点で

2009年9月21日入湯。

Imgp3312_2

「ゆ・ら・ら」のホームページhttp://yurara2000.com/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

遠征! 広島、島根、山口・・・疲れた(笑)その2

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

島根県益田市美都町。「美都温泉・湯元館」。
広島県から中国山地をグネグネと越して、島根県にやってきました。
行った日は、時あたかも春真っ盛り。桜が美しいのなんのって。

今、8月のうだるような暑さで、この桜をみると、ああ懐かしい(笑)。
この温泉館は、とても静かないい雰囲気の山間にあり、まわりには花がたくさん咲いていて、まさに桃源郷です。
温泉もいい泉質です、無色透明で柔らかく、肌ヌル感があります。のんびりした景色の中で、生き返るおもいがしました。
近かったら、何回でも通いたくなるような温泉です。
お奨めの1湯。

Photo Photo_2 Photo_3

入湯料400円。お気に入り度:5点満点で。2009年4月12日入湯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)