福岡県の温泉

2010年6月26日 (土)

年金施設は次々と・・・。グランティア若宮

ドタバタと日が過ぎて、久しぶりの温泉日記です。

福岡県宮若市。

この「グランティア若宮」は、以前は「グリーンヒル若宮」といって、国民年金の施設でした。

さすがに、以前は金持ち(笑)の施設だけあって、高台にある敷地内はグランドゴルフ場やテニスコートなどがあり、広々としてます。

ホテルは丘の上にあり、周りは山と田んぼです。

すぐ近くに脇田温泉があり、ちょっとした温泉情緒が味わえます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は、立ち寄りで入浴してきました。

温泉は源泉掛け流し(一部循環)です。

無色透明で、あまり特徴がある泉質ではありませんが、浴槽からはどんどんお湯が溢れていてゼイタクな気分です。

PH値が10.0ですから、もっとツルヌル感を期待していましたけど・・・

Imgp4372

外には岩作りの露天風呂と洞窟風呂があります。

洞窟風呂の中は、低温サウナといったところです。

Imgp4378

Imgp4381

入湯料750円。

お気に入り度:5点満点で

2010年6月11日入湯。

ホームページ http://www.hotel-grantia.co.jp/wakamiya/

Imgp4384

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月 9日 (土)

お湯はいいが・・・・ 大木町健康福祉センター アクアス

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ

福岡県大木町。

大木町健康福祉センター アクアス。

田んぼの真ん中のカラフルで巨大な建物です。

温泉とプール、レストランがあって、町民のオアシスとなっています。

Dvc00090 Dvc00093

温泉は源泉掛け流し。ちょっと潮の香りがする無色透明なお湯で、肌ヌル感がかなり強く美肌の湯です。

洋風の浴場と和風の浴場があり、男女交代のようです。

行った日は男性用が洋風。

ジャグジーや泡風呂、サウナ、露天など多彩な風呂が揃っていますが、なんとなく落ち着きません。形がいろいろで、位置取りが悪く、入りづらいです。

泉質はとても良いのに残念です。

それと、脱衣所のロッカーが有料(100円)なのも気に入りませんでした。

入湯料500円(プールも入れます・・・ただし水着で。)

お気に入り度。5点満点で3点。

2010年1月9日入湯。

ホームページhttp://www.aqus.jp/index.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

人気の日帰り施設 薬王寺温泉 偕楽荘

福岡県古賀市。

九州道古賀インターから5分ほどの山間にある薬王寺温泉は、旅館が3軒と日帰り温泉1軒があるだけのちいさな温泉地です。30年近く前に、職場の慰安旅行で来たことがあります。

偕楽荘は日帰り施設で、近隣に温泉地がないことや、福岡市から近いこともあって、入浴客が多く賑わっています。休憩室もあります。Dvc00020_2 Dvc00018 

温泉は放射能泉で、冷泉(18.5℃)の沸かし湯。あまり特徴は感じられません。

ただ、ここの「売り」は薬湯です。ですから、浴場に入ったとたん薬草のムッとしたにおいがします。

小生はちょっと苦手です(微苦笑)

風呂は内風呂と露天風呂がありますが、行った日は入浴客が多く、すこし窮屈でした。

入湯料の700円は高目ですね。お気に入り度:5点満点で。2009年2月8日入湯。

「偕楽荘」http://www5a.biglobe.ne.jp/~onsen/

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

渋好みのあなたに。うきは市老人福祉センターちかぜ

福岡県うきは市の筑後川温泉。Imgp1319

原鶴温泉から筑後川を上ること10分ほどの、筑後川のほとりにある温泉街です。

昔ながらの団体客向け巨大温泉宿の寂れぐあいが、なんとも温泉好きの心をくすぐります。

温泉街には7,8軒の温泉宿がありますが、その一番奥にこの「ちかぜ」があります。

市営の老人福祉センターです。なんとも渋い造りで、味もソッケもありません。

Imgp1314 Imgp1312

温泉は5、6人は入れるような湯船で、古いですが、きれいにしています。お湯は、無色透明で、これといった特徴はありません。筑後川が目の下に見えます。

温泉街にはだれもいないのに、この温泉には老人がいっぱい。

おじい様方の方言を聞きながら、しばらく浸かっていました。

やれやれ。

入湯料250円。お気に入り度:5点満点で。2008.11.1入湯。Imgp1309 Imgp1307

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

隣の「喜仙の湯」

福岡県朝倉市杷木町の原鶴温泉。

愛泉一の隣にあるのが喜仙の湯。高級旅館ではありませんが、外観、内装ともとてもきれいにしています。小さな旅館で、玄関正面のカウンターで料金を払います。

だれもいません。Photo_4 「もーーし。」 声をかけると、奥から中年の女性が出てきました。入浴料を支払い、浴室へ。浴室は、一階にあります。

浴室の引き戸を開けたとたんムッと熱気が迫ってきます。メガネが曇りました。

幸いだれも入っていません。ムンムンしていて、デジカメのレンズが曇り、写せませんでしたので、ちょっとだけ窓を開けさせてもらいました。

お湯はジャバジャバとかけ流し。3、4人くらいは入れるようなきれいな湯船で、すごい勢いでジェットバスの泡が吹き出ています。温泉成分が飛ぶので、窓は開けないようにとのこと。

お湯は適温です。かなりのヌルツル感があり、いい泉質でびっくりしました。腕を触ると、ヌルっとした感触。膜が貼ったみたいです。

隣の愛泉一と同じくらいヌル度があり、美人湯としては高得点です。30分ほどひとりでニヤニヤして入っていました。またまた美人になりました(笑)。

いいお湯です。

ジェットバスは少し余計ですね。

玄関脇には「指湯」。ちょっと離れた駐車場横に「足湯」(有料)もあります。

入湯料420円。お気に入り度:5点満点で。2008.11.1入湯。

Photo Photo_2

Photo_3Imgp1345

原鶴温泉の全景。手前は九州一の筑後川が流れています。河川敷が広々として気持ちがいい景色が続いています。季節になると鵜飼い船も出ます。Photo_5

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

ツルヌルのお湯でお肌しっとり 原鶴温泉 愛泉一

福岡県朝倉市杷木町の原鶴温泉。

福岡県で昔から有名な温泉街といえば「原鶴温泉」です。筑後川の中流域。筑後川温泉や吉井温泉なども近くにあります。団体客が少なくなったこともあり、一時期はお客さんも少なかったようですが、この頃は、各旅館が立ち寄り湯客を積極的に受け入れ、ツルヌル系の美人の湯ということもあって、お客さんも戻っているようです。

この原鶴温泉のなかでも、ツルヌル系の筆頭といわれているのが「愛泉一」という小さな旅館の温泉です。

旅館は、温泉街の真ん中の狭い道の脇にあります。少し離れた所に3、4台ほどの駐車場がありました。

Imgp1228 玄関脇の受付で料金を払います。「脱衣所にロッカーがないので、貴重品は預けてくださいね」といわれましたが、貴重品は持っていません(笑)。

風呂にはすでに2人の方が入浴していましたので、湯船の撮影はできませんでした。

5,6人ほどが利用できるタイル風呂で、2つの浴槽にわかれています。小さな湯船のほうにゴボゴボと源泉と思われるお湯が噴出しています。お湯は無色透明、ややぬるめで、ほんとにヌルヌル系の強いいいお湯です。白い湯の花も舞っています。しばらく浸かっていると全身がオブラートに包まれたみたいな感じがします。

あまりりっぱな旅館ではありませんが、料金が安くお湯がいいので、地元の人がつぎつぎやってきていました。極上の美人湯です。

入湯料250円。お気に入り度(5点満点で)2008.10.26入湯。

原鶴温泉旅館組合ホームページ http://www.harazuru.jp/

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

みのう山荘 筑後平野が一望です

福岡県久留米市田主丸町森部。

筑後川の中流域に位置する久留米市田主丸町(旧田主丸町)は、果物や植木の栽培が盛んな地域で、この温泉がある耳納山麓は、今、柿の実がたわわに生り、コスモスが揺れて秋本番の季節です。

耳納山麓に沿って、「山苞(やまづと)の道」という山里の美しい景色の中を通る道があります。その道の途中から、山に向って車で1分ほど登っていくと、山の斜面に山荘風の温泉施設があります。Imgp1223

「山苞の道」の上り口に、石の標識が建っていますので、山に向って登っていきます。

Imgp1225

↓駐車場からの道。駐車場は、施設を通り過ぎ、すこし登ったところに20台ほどの広さがあります。Imgp1224

朝11時からの営業です。受付で入浴料を払い、さっそく温泉へ。

男女別の内湯と露天風呂、貸切家族風呂もあります。

山の中腹ですので、とても眺めがよく、筑後平野が見渡せます。特に、露天風呂からの景色は絶景です。

お湯は単純温泉50℃。無色透明で、ややツルヌル系のお湯ですが、あまり特徴はありません。施設もあたらしく、おしゃれで、陶器ギャラリーや軽食レストランなどもあり、雰囲気と景色を楽しむ人にはお奨めの温泉です。Imgp1215 Imgp1206

こちらは貸切家族風呂です。Imgp1222

「みのう山荘」のホームページhttp://www.minou-sansou.com/index.html

入湯料700円。お気に入り度(5点満点で)2008.10.26入湯。Imgp1218

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)