大分県の温泉

2010年9月23日 (木)

大好きなパルクラブでひと休み

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

大分県竹田市久住町。パルクラブ・大地の湯。

4

この夏の暑さにうんざりして、久住高原に遊びに行くことが多かったので、このパルクラブにもお世話になりました。

ワタクシの大のお気に入り温泉で、何回通ったかわかりません。

周りは静かでさわやかな高原。

温泉は、薄緑がかった色をしています。泉質も”湯ヂカラ”を感じます。

掛け流しで、すこし熱めの湯。

施設はいつも感じよく清潔に保たれていて、気持ちよく過ごせます。

入浴料は破格の300円です。

久住は温泉の宝庫ですから、お客さんもあちこちに分散して、ほどほどの込み具合がいいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

施設内はバリアフリーで、よく行き届いています。

内湯の床が木でできています。ぬくもりがあってお尻に嬉しい。

露天のお湯はやや熱くて冬向きです。

1

2

また、館内で食べるソフトクリームやうどん・ソバがおいしいのです。

肉ソバには青ネギがたっぷり。

3

ワタクシの安い極楽です。

↓利用したことはありませんが、新しく家族湯もできました。

5

入湯料300円。

2010年8月22日再訪。お奨めの温泉です。

パルクラブHP http://hakuai-oita.com/paru/eigyo/daiti.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

日本一の泡付きか!? 山里の湯

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

大分県九重町田野。

Imgp4738

久しぶりに山里の湯に出かけたら、以前来たときより泡つきがすごいことになっていて感動です

ここの温泉がなによりいいのは、温度が高いこと。長湯のラムネ温泉や七里田の下ん湯はかなり低温で、夏場でないとちょっとつらいものがありますが、ここは源泉の温度が39~40℃あって、温めが好きな方にはちょうどいい温度です。

温度が高いと炭酸が抜けるのですが、この温度が限界なのでしょうね。

もちろん源泉掛け流しっぱなし。

左の浴槽に源泉が「ジュワ、ジュワ」と注がれていて、ものすごい泡です。

飲んでみると、シュワシュワと炭酸が感じられて、甘みもあり、金気はありますが、けっこうイケます

Imgp4733

一瞬で、大きな白い泡が肌に付きます。全身ラムネに入ったみたいです。以前よりもっと濃くなったような気がしました。ぬぐってもぬぐっても次々につきます。

もう、笑うしかなありません。

数々のネット情報では、泡つきでは「七里田の下ん湯」(小生も入湯済み)が日本一では?、ということになっていますが、今、山里のほうがよりすごいことになっています。泡つきだけなら、今、日本一かもしれません

Imgp4735

スイカも冷えてます。

Imgp4737

入湯料500円。

お気に入り度:5点満点で5点

2010年8月22日再訪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

長湯は濃い 「郷の湯旅館」

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

大分県直入町長湯温泉。

やっぱり長湯温泉の成分が濃いという写真を一枚。

床はザラザラです。

Imgp4701

長湯の温泉街から少し久住町寄りにあります。

少々くたびれた旅館ですが、温泉はすごいです。

源泉賭け流し。薄茶に濁った温めの温泉がたっぷりで、しばらくこのお湯を一人占め。

堪能させていただきました。

Imgp4696 

Imgp4704

入湯料500円。

お気に入り度:5点満点で4点。

2010年8月8日入湯。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

ラッキーな日 「空」のオムライスと長湯温泉「福ねこの湯」

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

1000円高速だし、あまりに暑いので、この夏はもう数回久住に出かけています。

昼ごはんに「空」というカフェレストランのオムライスを食べる時間にあわせて久住へドライブ。

長湯温泉へも足を伸ばしてきました。

「空」は、久住高原の山奥にひっそりとあるカフェレストランで、ここのオムライスがおいしいという評判です。

休日はお昼時になると入店待ちになるというので、11時30分ごろに到着。

かなりな山奥にもかかわらず、次から次へとお客さんがやってきます。

ここのオムライスの売りは、なんといってもちょっと甘酸っぱいトマトソースでしょうね。トマトが完全につぶれていないのもいい食感です。

見た目もおいしそうでしょう。

卵と合わさってうれしい一皿です

Neko09

Neko01

お腹も満足したので、長湯温泉で一風呂と思いラムネ温泉に行ってみました。しかし、ラムネ温泉の休日はすごいことになっています。

諦めて、国民宿舎にしようと車で移動していると、芹川の水遊び場の横に新しい家族湯ができています。

かわいい猫のオブジェがたくさんあって、家庭的な雰囲気の家族湯です。

「福ねこの湯」といいます。さっそく温泉をお借りしました。

若夫婦がやっていて、自宅とギャラリーの脇に家族湯が2部屋あります。

Neko08

Neko02

Neko03

とてもいい雰囲気です。新しくて清潔にしています。

源泉42℃。そのまんまかけ流しです。

お湯はやや薄めですが、長湯ですから文句のつけようがありません。

浴槽内の材質(風呂や壁の素材)がなんとなくしっとりしていい感じです。

猫のオブジェは、ご主人の作品だそうです。

あちこちに飾ってあってほっとできます。

Neko10

Neko06 Neko07

Neko04 Neko05

お気に入り度:(5点満点で4.5点)

入湯料1500円。

2010年8月1日入湯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

住宅街にポツリと アサダ温泉ひまわりの湯

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

大分県玖珠町。

玖珠町にはあちこちにお湯が湧いているようで、こちらの施設も、住宅街の真ん中。となりはアパートや病院で、とてもこんなところに温泉があるとは思えないようなところです。

Imgp4551

浅田十紀生さんに感謝しなければなりません(笑)

Imgp4548

建物は新しく、きれいです。管理人さんもいませんが、入浴券を自動販売機で買うと、頭の上からおばちゃんの声がスピーカーで降ってくるようになっていて、ちょっと笑えます

泉質は「単純アルカリ泉」。キュッキュッっというような肌触りです。

私の鼻がおかしかったのかもしれませんが、すこしモール臭がした気がします。

それにしても、だれもいないこんな温泉にのんびり浸かれるって、幸せですね。

Imgp4542

Imgp4543

場所は少し見つけにくいです。

入湯料300円。

お気に入り度:5点満点で

2010年7月11日入湯。

Imgp4546

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

お湯は降る、グライダーは昇る 筋湯と久住高原

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

大分県玖珠郡九重町筋湯温泉。「うたせ湯」

6

5

なんだかんだでばたばたしていまして、温泉の「お」の字もないような生活をしておりました。

天気のいい日曜日、久しぶりに久住へドライブ。

新緑の萌える季節、目の中が緑色のしずくで洗われたようにすっきりしました。

温泉が目当てではなかったのですが、とりあえずは一風呂浴びないと・・・。

で、筋湯温泉名物の「うたせ湯」へ。幸いなことに先客は1人。

標高が高い山の中。気温が低くて、浴室では湯が跳ねているため、湯気がモウモウ。ちょっと見づらい写真でスミマセン。

3メートルほどの高さから、お湯が筋条にジャージャー降っていて、肩こりをほぐしてくれます。

浴槽は広々としており、お湯の量もたっぷりで気持ちがいい温泉です。

3

1

4

入湯料300円。

お気に入り度:5点満点で

2010年5月16日入湯。

筋湯温泉ホームページhttp://www.sujiyu-onsen.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

温泉にも入ったことだし、久住高原へ向います。

朝、新聞で、次のような催しがあるのを見つけました。

グライダー大会です。毎年やっているようですが、前々から一度見たかったのです。

第29回久住山岳滑翔大会
2010年5月16日(日)~22日(土)
場所:久住グライダー滑空場
お問合せ:(財)日本学生航空連盟 

おお、飛んでる、飛んでる!

初めてみましたが、とても楽しそうです。

↓写真のちょうど上の真ん中に小さく見えています。

8

紙飛行機をゴム鉄砲で打ち上げるように、天高く軽々と昇っていきます。

エンジンもないので、風を切るシューという音だけです。

車で引っ張るのかと思っていましたが、ワイヤーを高速で巻きあげる機械が数百メートル先にあります。

滑走距離は30メートルほどです。思ってた以上に軽々としています。

Photo

当日のグライダーは白と赤の2機。

赤い機体の方が軽いということで、15分以上上空をクルクルと舞っています。

白い機体の方は、上空で2、3回転すると着陸態勢に入ります。

滑るように降りてきてます。

風きり音だけなので、とても静かです。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

7

広々とした高原、青い空。

天気もいいので、しばらくぼんやりと空を眺めていました。

運営している学生さんたちのきびきびした動きも、とても清々しく感じました。

いい一日でした。

Photo_5

2010年5月16日。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

奥湯布院高原リゾート 霧と星あかりの棚湯

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

大分県由布市湯布院町塚原。

せっかく別府まで行ったので、帰り道は塚原高原経由で、湯布院に向かいます

昼食は塚原高原の「炭熊」という食事どころへ。

柱や梁が太く、玄関脇には大きな暖炉があります。とても立派な建物です。炭火焼きや豆腐料理がメインですが、ワタクシ、別府で「鉄輪豚まん本舗」の豚まんを2個食べていたので、蕎麦を注文。値段はかなり高めでしたが、とてもおいしい蕎麦でした。

食事どころと温泉施設があります。温泉の受付の女性にきいたところ、将来は宿泊施設もできるとのこと。

・・・できたばかり、というより、まだ工事中のところもあります。全体的にとてもゼイタクな感じがします。

↓奥湯布院高原リゾート。向かいの山には強酸性のお湯で有名な「塚原温泉」があります。

Dvc00048

食事どころ「炭熊」

5

昼食後は、温泉へ。

入浴の受付は食事どころ「炭熊」のカウンターです。

4

温泉の施設は家族風呂と男女別の露天です。さっそく、露天風呂へ。

がらりと引き戸を開けてびっくりです。開放感バツグン。高原の景色が広がります。

風呂は2段の棚湯になっていて、お湯につかると、目線が一直線に高原に向かいます。

上の段がやや熱く、下の段はワタシにぴったりの温度。

ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉。やや白濁りの湯。じんわりと効きそうないい泉質です。

環境、景色、泉質、いずれをとってもゼイタク感たっぷり。お奨めの一湯ですよ。

1

入湯料800円。

お気に入り度:5点満点で

2010年3月13日入湯。

ホームページhttp://okuyufuin.net/?p=tankuma

柵に入れられて、ちょっと寂しげな「のんちゃん」でした。

2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

別府の定番 ひょうたん温泉

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

1000円高速で別府へ。

鉄輪のひょうたん温泉は、別府の定番。

貸切風呂をチョイス。

ドバーっとお湯が出てきます。

気持ちいいのなんのって。

66_2

44

11

22 

入湯料1時間2000円。

お気に入り度:5点満点で

2010年3月13日入湯。

ひょうたん温泉 http://www.hyotan-onsen.com/

↓ こちらは、玄関脇にある「湯雨竹(ゆめたけ)」の足湯。

100度近くある源泉の温度を下げる装置です。

詳しくはホームページをご覧ください。

55

33

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

湯布院、別府をテクテクと。(その9)別府・不老泉

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ

別府町湯めぐりの最後は「不老泉」です。

別府駅から5分程度のところにあります。

かなり年季の入った3階建ての建物で、上は公民館です。

ここだけ、時代が30年ほど逆行した雰囲気です。

Imgp4078

市営温泉ですので、管理人さんもいて安心。

もんもんさんも入っています

板張りのだだっ広い脱衣所から、階段を下ります。

高い天井に、だだっ広い浴槽があり、地元の人、観光客の人でいっぱいです。

かなり熱めの無色透明の湯がタップリ。

あじじじ・・・・

肩まで浸かって、よ~く温まります。いつまでもポカポカです。

100円で、大きな浴槽に、源泉掛け流し、昼間っから温泉三昧・・・別府の人には普通なんでしょうけど、ヨソモンにはゼイタク極まりなし。ああ、ウラヤマシ。

入湯料100円

お気に入り度:5点満点で

2010年2月21日入湯。

10台ほどの駐車スペースもあります。

別府市役所の温泉案内 http://www.city.beppu.oita.jp/01onsen/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月28日 (日)

湯布院、別府をテクテクと。(その8)駅前高等温泉

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ

別府駅から徒歩1分。

大正時代のようなレトロな外観の施設です。

並湯100円、高等湯300円で、迷わず並湯に。

さすがに駅前ということもあって、お客さんがひっきりなし。入浴客も多くて写真はパス。

建物の内部もレトロですが、手入れ、掃除が行き届き綺麗です。

3,4人が入れるような湯船に熱めの源泉がタップリ。

あまり特徴はありません。

あぁ、別府に来たなぁ、という雰囲気を楽しむのにはぴったりですね。

入湯料100円。

お気に入り度:5点満点で

2010年2月21日入湯。

Imgp4076

Imgp4075

2階で宿泊もできるようです。

駅前高等温泉http://www.owl.ne.jp/beppusotoyu/kotoonsen/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧