« 長湯は濃い 「郷の湯旅館」 | トップページ | 日本一の泡付きか!? 山里の湯 »

2010年9月 7日 (火)

北里バラン 博士の湯

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

熊本県小国町。

北里バランという公共施設の地下にある温泉施設です。

博士の湯という「博士」という名は、世界的な細菌学者・北里柴三郎の生家がすぐ近くにあるからです。

この近辺は、はげの湯や山川温泉、岳の湯など人気の温泉地帯なので、なかなか寄る機会がありませんでした。

無色透明で無臭。あまり特徴がある温泉ではありませんが、さっぱりするにはいいですね。

Imgp4712

Imgp4710

道から少し入った場所にありますので、寄り付きがわるいのでしょうか、お客さんは少な目です。

1階にあるレストランでは、黒豚料理が味わえます。

以前、豚のしょうが焼き定食を食べたことがあります。

値段もほどほどで、とてもおいしかったのを覚えています。

この近辺ではちょっとした穴場だと思います。

入湯料300円。

お気に入り度:5点満点で3点。

2010年8月8日入湯。

Imgp4711

|

« 長湯は濃い 「郷の湯旅館」 | トップページ | 日本一の泡付きか!? 山里の湯 »

熊本県の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北里バラン 博士の湯:

« 長湯は濃い 「郷の湯旅館」 | トップページ | 日本一の泡付きか!? 山里の湯 »