« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

オール5の温泉津温泉

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

島根県大田市温泉津町。

温泉津温泉は、島根県の中央部の海岸沿いにあるこじんまりした温泉街です。

日本海に面した細い道の両側にレトロな旅館が立ち並び、まるで映画のセットにいるようです。

旅館街は道が狭いので、車を乗り入れると、すれ違うのがたいへんです。

源泉の共同浴場が2つあります。「元湯泉薬湯」と「薬師湯」です。

私がすれ違いで待っていると、おばちゃんが手招きします。

やっとのことで、薬師湯のまん前に駐車しました。

薬師湯はレトロな建物ですが、外観、内装とも最近手を入れたようできれいです。

手招きしたおばちゃんが番台に座っています(笑)

浴室はあまり広くなくて、小判型の湯船も3畳ほどでしょうか。

やや白濁りの塩湯で、熱めの湯です。

床が茶色に変色、堆積物もあり、かなり濃い成分のようです。

日本温泉協会から「オール5」を貰ったとの看板がありました。

建物や泉質など全体的に好感が持てます。気に入りました。

入湯料300円。

お気に入り度:5点満点で4点。

Imgp4812

Imgp4811

すぐ近くにある「元湯泉薬湯」はやや古びた印象の共同浴場です。

内部もやや雑然とした感じです。

湯船は小さく3つに分かれていて、一番奥が激熱、真ん中もかなり熱めです。手前は浅い寝湯。

激熱は手だけ浸けて退散。

真ん中も熱かったので、長湯はできませんでした。

入湯料300円。

お気に入り度:5点満点で3点。

2010年9月19日入湯。

Imgp4813

温泉津温泉自体が、かなりへんぴな場所(失礼!)ですが、お客さんが多くてびっくりしました。

温泉津温泉はもうひとつの顔を持っています。

世界遺産「石見銀山」の銀の積出港だったといいます。

すぐ近くに積出港であった「沖泊」があります。

日本海の色がきれいでした。

Imgp4821

Imgp4816

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月23日 (木)

大好きなパルクラブでひと休み

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

大分県竹田市久住町。パルクラブ・大地の湯。

4

この夏の暑さにうんざりして、久住高原に遊びに行くことが多かったので、このパルクラブにもお世話になりました。

ワタクシの大のお気に入り温泉で、何回通ったかわかりません。

周りは静かでさわやかな高原。

温泉は、薄緑がかった色をしています。泉質も”湯ヂカラ”を感じます。

掛け流しで、すこし熱めの湯。

施設はいつも感じよく清潔に保たれていて、気持ちよく過ごせます。

入浴料は破格の300円です。

久住は温泉の宝庫ですから、お客さんもあちこちに分散して、ほどほどの込み具合がいいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

施設内はバリアフリーで、よく行き届いています。

内湯の床が木でできています。ぬくもりがあってお尻に嬉しい。

露天のお湯はやや熱くて冬向きです。

1

2

また、館内で食べるソフトクリームやうどん・ソバがおいしいのです。

肉ソバには青ネギがたっぷり。

3

ワタクシの安い極楽です。

↓利用したことはありませんが、新しく家族湯もできました。

5

入湯料300円。

2010年8月22日再訪。お奨めの温泉です。

パルクラブHP http://hakuai-oita.com/paru/eigyo/daiti.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

日本一の泡付きか!? 山里の湯

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

大分県九重町田野。

Imgp4738

久しぶりに山里の湯に出かけたら、以前来たときより泡つきがすごいことになっていて感動です

ここの温泉がなによりいいのは、温度が高いこと。長湯のラムネ温泉や七里田の下ん湯はかなり低温で、夏場でないとちょっとつらいものがありますが、ここは源泉の温度が39~40℃あって、温めが好きな方にはちょうどいい温度です。

温度が高いと炭酸が抜けるのですが、この温度が限界なのでしょうね。

もちろん源泉掛け流しっぱなし。

左の浴槽に源泉が「ジュワ、ジュワ」と注がれていて、ものすごい泡です。

飲んでみると、シュワシュワと炭酸が感じられて、甘みもあり、金気はありますが、けっこうイケます

Imgp4733

一瞬で、大きな白い泡が肌に付きます。全身ラムネに入ったみたいです。以前よりもっと濃くなったような気がしました。ぬぐってもぬぐっても次々につきます。

もう、笑うしかなありません。

数々のネット情報では、泡つきでは「七里田の下ん湯」(小生も入湯済み)が日本一では?、ということになっていますが、今、山里のほうがよりすごいことになっています。泡つきだけなら、今、日本一かもしれません

Imgp4735

スイカも冷えてます。

Imgp4737

入湯料500円。

お気に入り度:5点満点で5点

2010年8月22日再訪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

北里バラン 博士の湯

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

熊本県小国町。

北里バランという公共施設の地下にある温泉施設です。

博士の湯という「博士」という名は、世界的な細菌学者・北里柴三郎の生家がすぐ近くにあるからです。

この近辺は、はげの湯や山川温泉、岳の湯など人気の温泉地帯なので、なかなか寄る機会がありませんでした。

無色透明で無臭。あまり特徴がある温泉ではありませんが、さっぱりするにはいいですね。

Imgp4712

Imgp4710

道から少し入った場所にありますので、寄り付きがわるいのでしょうか、お客さんは少な目です。

1階にあるレストランでは、黒豚料理が味わえます。

以前、豚のしょうが焼き定食を食べたことがあります。

値段もほどほどで、とてもおいしかったのを覚えています。

この近辺ではちょっとした穴場だと思います。

入湯料300円。

お気に入り度:5点満点で3点。

2010年8月8日入湯。

Imgp4711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

長湯は濃い 「郷の湯旅館」

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

大分県直入町長湯温泉。

やっぱり長湯温泉の成分が濃いという写真を一枚。

床はザラザラです。

Imgp4701

長湯の温泉街から少し久住町寄りにあります。

少々くたびれた旅館ですが、温泉はすごいです。

源泉賭け流し。薄茶に濁った温めの温泉がたっぷりで、しばらくこのお湯を一人占め。

堪能させていただきました。

Imgp4696 

Imgp4704

入湯料500円。

お気に入り度:5点満点で4点。

2010年8月8日入湯。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

ラッキーな日 「空」のオムライスと長湯温泉「福ねこの湯」

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

1000円高速だし、あまりに暑いので、この夏はもう数回久住に出かけています。

昼ごはんに「空」というカフェレストランのオムライスを食べる時間にあわせて久住へドライブ。

長湯温泉へも足を伸ばしてきました。

「空」は、久住高原の山奥にひっそりとあるカフェレストランで、ここのオムライスがおいしいという評判です。

休日はお昼時になると入店待ちになるというので、11時30分ごろに到着。

かなりな山奥にもかかわらず、次から次へとお客さんがやってきます。

ここのオムライスの売りは、なんといってもちょっと甘酸っぱいトマトソースでしょうね。トマトが完全につぶれていないのもいい食感です。

見た目もおいしそうでしょう。

卵と合わさってうれしい一皿です

Neko09

Neko01

お腹も満足したので、長湯温泉で一風呂と思いラムネ温泉に行ってみました。しかし、ラムネ温泉の休日はすごいことになっています。

諦めて、国民宿舎にしようと車で移動していると、芹川の水遊び場の横に新しい家族湯ができています。

かわいい猫のオブジェがたくさんあって、家庭的な雰囲気の家族湯です。

「福ねこの湯」といいます。さっそく温泉をお借りしました。

若夫婦がやっていて、自宅とギャラリーの脇に家族湯が2部屋あります。

Neko08

Neko02

Neko03

とてもいい雰囲気です。新しくて清潔にしています。

源泉42℃。そのまんまかけ流しです。

お湯はやや薄めですが、長湯ですから文句のつけようがありません。

浴槽内の材質(風呂や壁の素材)がなんとなくしっとりしていい感じです。

猫のオブジェは、ご主人の作品だそうです。

あちこちに飾ってあってほっとできます。

Neko10

Neko06 Neko07

Neko04 Neko05

お気に入り度:(5点満点で4.5点)

入湯料1500円。

2010年8月1日入湯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »