« 怖い山道は「猫バス」に乗って。 藤河内湯ーとぴあ | トップページ | 川棚温泉の元湯  ピースフル青竜泉 »

2009年7月 6日 (月)

今では秘湯ってほどでもないけど 垂玉温泉 山口旅館

熊本県南阿蘇村。
熊本市内から大津町を経て阿蘇方面へ。阿蘇大橋に右折し南阿蘇方面。栃木温泉を過ぎて少し走ると、旅館の案内看板が電柱に出ていますので、迷うことはないはずです。けっこう山に登ります。歩いて登れば大変だったでしょうけど、車で行けばたいしたことはありません。
山口旅館のさらに上には、「地獄温泉・清風荘」があります。清風荘の方は秘湯・湯治宿の雰囲気が満点ですが、こちらは、少し高級旅館っぽい雰囲気です。Photo_12 Photo_2 Photo_10 Photo_11

Photo

日帰り入浴は、玄関脇の受付で入浴料を済ませ、本館左手の坂を下りていきます。

温泉は3箇所あり、日帰りでは露天風呂の「かじかの湯」と内湯の大浴場「天の湯」に入れます。
ただ、ここのウリは、落差60メートルもある金龍の滝が見える混浴の「滝の湯」なんですが、宿泊者専用とのこと。ちょっと残念です。

まあ、それで、日帰りの小生は、さっそく「かじかの湯」へ。
階段を下りて、茅葺の湯小屋につきます。なかなか風情がある外観です。脱衣所や建物もキレイにしていて、気に入りました。Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 当日は写真のようにあいにく霧雨で、視界50メートルというところ。景色は見えません。
天気が悪かったのか、ほかにだれも入ってこなくて、しばらくぼんやりと入浴しました。

ありがたや ありがたや。

お湯はやや熱めで、キシリ系。わずかに硫黄のにおいがします。出た後は、肌に膜が張ったみたいになります。

第二湯は、内湯の「天の湯」。階段を上ったところにあります。
こちらは、高級旅館の内湯といったところ。
お湯は「かじかの湯」と同じようなキシリ系で、やや熱め。こちらもだれも入ってきません。源泉掛け流しの広々とした湯船を独り占めです。なんてゼイタクなんでしょう!

Photo_8

Photo_14

Photo_13

Photo_9

お気に入り度:5点満点で

2009年2月25日入湯。入湯料600円で「かじかの湯」と「天の湯」が両方入浴できます。

山口旅館 http://www.tarutama.jp/index.html

こんどはぜひ宿泊したいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

|

« 怖い山道は「猫バス」に乗って。 藤河内湯ーとぴあ | トップページ | 川棚温泉の元湯  ピースフル青竜泉 »

熊本県の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今では秘湯ってほどでもないけど 垂玉温泉 山口旅館:

« 怖い山道は「猫バス」に乗って。 藤河内湯ーとぴあ | トップページ | 川棚温泉の元湯  ピースフル青竜泉 »