« 川棚温泉の元湯  ピースフル青竜泉 | トップページ | 九州から本州を眺める 関門海峡 »

2009年7月25日 (土)

山口県一? 長門湯本温泉の恩湯と礼湯

山口県長門市の長門湯本温泉。
歴史の古い温泉の町で、中心部を流れる音信川に沿って大きなホテルや旅館がドーーーンと建っています。川沿いに足湯もあり、散策にもぴったりです。ケバケバしいところがなくなかなか素敵な温泉街です。
Photo Photo_2 小生、随分前に「山村別館」「大谷山荘」「ホテル西京」という大きな旅館に宿泊したことがありましたが、その時はまだ温泉に目覚めていなくて、この二つのすばらしい立ち寄り湯は利用しませんでした。
でも、これは、なんということでしょう。
温泉好きは絶対「恩湯」がお奨めです。

川沿いにある「恩湯」は建物の外観がすばらしい。レトロなネオンがキッチュです。Photo_3 Photo_4 Photo_5
受付で入浴料を払い、さっそく浴室へ。新しくはありませんが、雰囲気がいい。人気の施設ですから人がイッパイです。石造りの浴槽が2つ。アッと思うくらい深く、ちょっとびっくりします。
温泉は39度の源泉掛け流し。かなり温いのでいつまでも入っていられます。無色透明。肌ヌル感が強く、上がったあとは肌に膜が張ったようになります。ph9.62です。お気に入りの泉質でした。
湯本温泉ではぜったい外せない温泉でしょう。ぜひ入ってください。

「礼湯」は恩湯の横の道を50メートルほど上がったところにあります。施設は新しく、浴槽はやや小ぶりです。加温していますので、ぬるめの湯が苦手なかたはこちらが快適でしょう。湯質も恩湯と変わらす本当にいいお湯です。Photo_6 Photo_7

ゆもとおんせんドットコム http://www.yumotoonsen.com/index.html

入湯料はどちらも200円。市営の温泉で安い! お気に入り度:恩湯。礼湯。2009年3月1日入湯。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

|

« 川棚温泉の元湯  ピースフル青竜泉 | トップページ | 九州から本州を眺める 関門海峡 »

山口県の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口県一? 長門湯本温泉の恩湯と礼湯:

« 川棚温泉の元湯  ピースフル青竜泉 | トップページ | 九州から本州を眺める 関門海峡 »